服用回数による違い

white pills

バルトレックスもゾビラックスも、ヘルペス治療をおこなう際によく用いられる治療薬として有名です。
どちらを使用してもヘルペスには効果的なのですが、当然違いもあります。

簡単に言えば、バルトレックスはゾビラックスをさらに改良したものと考えていいでしょう。
ゾビラックスの場合、1日に4~5回服用する必要があり、途中で飲み忘れる人も少なくありませんでした。
しかし、バルトレックスは効果持続時間をより長くすることで、1日の服用回数を1~3回に減らすことができます。
これによって飲み忘れることが減り、よりヘルペス治療をしやすくなったのです。
成分はもちろん違いますが、ヘルペス治療に効果的だという点に関しては同じです。
そのため、バルトレックスとゾビラックスの違いは、上で挙げたような服用回数によるものだと考えておくといいでしょう。

では、より服用しやすいバルトレックスを購入したらいいのかと言われると、一概にイエスとは言えません。
というのも、医薬品は個人差があるものですので、必ずしも全員にバルトレックスが適しているとは言えないのです。
人によっては体質的にバルトレックスが合わないという場合もあるでしょう。
注意深く服用すれば、ゾビラックスでも飲み忘れなく服用することができるでしょう。
あくまでも自身の体に合った医薬品を選ぶことが第一なのです。
合わない医薬品を服用してしまうと、ヘルペスは仮に治療できたとしても、また別の症状が出てしまう危険だってあるのです。